豊川日本拳法会

発足、あゆみ

平成6年12月、豊川在住の道場生の保護者から要望があり、豊橋松山道場大林師範が豊川睦美地区市民館にて日本拳法体験教室を開いた。その後、豊川でも入門希望者が増えたため、平成7年2月、豊橋松山道場の支部として豊川地区に日本拳法教室を開室した。将来を見据え、名称を「豊川日本拳法会」とした。豊川睦美地区市民館、麻生田地区市民館、豊川東部小学校と練習場所の変更を経て、現在は豊川市武道館にて毎週木曜日を練習日とし定着させた。豊川市武道館は近隣に豊川駐屯地があるため自衛官の入門者が増え、有段者も何人か排出することができた。

指導方針

1.日本拳法の普及と発展を通じ、誠意とフェア精神を培う。

2.礼節を重んじ、挨拶の励行はもとより人間修練の場とする。

3.指導員、練習生、保護者との連携と親睦を志す。

 

■所在地
●道場の場所 豊川市武道館(豊川市八幡町弥五郎105)
●電話 0532-31-6529
●E-mail 0gu0.80f725339k@ezweb.ne.jp
●練習時間 毎週木曜日 19:00~21:00
●対象者 幼年から一般男女
●代表 大林憲司
●師範、指導員 森口康伸・宮本登・鈴木賢司郎・伊藤貴紀・三浦昌悟