教心館日本拳法 明和会

概要

当育成会は宗家澤山宗海先生と共に日本拳法の創始にかかわった山田洪志先生が昭和27年に名古屋に「洪志館道場」を開設し、昭和56年に当道場が名古屋市の都市計画に計り余儀なく立退きとなり、当時ここで練習していた現代表と師範たちと表記団体を立上げ、市内6ヶ所、中村・中川・港・北・昭和・千種区で学校の体育館を借りクラブ形式で練習をしています。各代表師範が在籍し他の師範も協力し、一週間の内5日練習をしています。又常時入会随時。年長さんから一般男女の生徒を募集しています。

■指導方針

山田洪志先生の教えである、「健全育成」を第一の指導方針に掲げ師範が一体になり育成に努める。
営利を目的とせず、虚弱体質の子ども、骨の折れやすい現代っ子、汗をかくことを知らない現代っ子を少しでも無くす。

○稽古を通じて丈夫な体をつくり、多くの汗を出し、我慢強く辛抱の出来る人。
○他人には優しく思いやり、自分には厳しく最後まで成し遂げる心。
○イイエ、ハイがはっきりと言え、挨拶が出来る人。
○勇気を持てる人。弱者に手を差し伸べいじめをなくし、先生の質問には大きく手を上げ返事が出来る人
○会員相互の連携を深め親睦をはかる

以上を目標に、師範は一人一人の能力を見極め、それぞれの能力にあった指導を行なっています。

 

■所在地
●道場の場所 明和会道場
●電話 0596-52-3331
●E-mail
●練習時間 お電話にて
●対象者 年長から一般成人男女
●代表 野田茂信